石川県の地元ニュース速報

1: 2016/08/08(月) 05:25:04.88 _USER9
行き場のない猫の保護に取り組む池村寿美子さん=金沢市で、金志尚撮影
9[1]


「私が助け出す」強い意識 池村寿美子(いけむら・すみこ)さん(63)

 空前の猫ブーム到来の陰で、日本では年間約8万匹の猫が殺処分されている(2014年度、環境省集計)。無慈悲に奪われる命を少しでも救おうと、捨て猫を引き取り、育てる保護活動を2002年から無償で続けている。

 きっかけは、自宅の車庫に迷い込んだ1匹の野良猫だった。何気なく餌を与えると、近所の人たちから「野良猫に餌を与えると厄介なことになる」と、やめるように言われた。しかし、食べ物がなければこの猫は飢え死にしてしまう。行き場のない猫の保護に関心を持つようになった。

 夫の昇さん(66)が使っていた物置を保護スペースとして活用し、飼い主に捨てられた猫や野良猫の受け入れを始めると、口コミで評判が広がった。今では年間100匹が持ち込まれ、活動開始から通算で1000匹を超える。保護しながら引き取り先も募集し、9割は新たな飼い主に引き渡す。現在は1~14歳の約40匹を保護している。

 活動は「年中無休」で、餌やりや排せつ用の砂の継ぎ足し、保護スペースの掃除など多岐にわたる。病気の治療で病院に連れて行くこともある。ゴミ袋やティッシュといった日用品も常に取りそろえておく必要があり、年間300万円の経費がかかる年もあるという。

 池村さんは保護活動に専念しており、仕事をする余裕はない。資金は水道設備機器の卸業を営む昇さんの収入が頼りだ。生活費を切り詰めながらやり繰りを続け、「夫の理解が一番大きい」と感謝する。

 かつては自宅でも1匹飼っていたが、多忙を極めるあまり、病気に気付けなかった。約3年前にこの1匹が腎不全で死んでからは個人的に飼うことは諦め、活動を通じて出会う全ての猫に等しく愛情を注ぐ。

 猫人気の高まりの一方、遺棄や虐待といった心ない行為も後を絶たない。ただ、「それを(外部の人が)止めることはできない」。だからこそ、「私にできることは、そういう不幸な猫を助け出すことなんです」と、自らが取り組む大切さを強く意識している。【金志尚】

 ■人物略歴

 1952年9月生まれ。父の仕事の関係で幼少時は能登地方を転々とした。現在は金沢市在住。保護スペース(金沢市東力2の118)では持ち込みや引き取りなどの相談にも応じている(要事前連絡)。問い合わせは池村さん(090・5684・1648)。

http://mainichi.jp/articles/20160807/ddl/k17/040/260000c

1: 2016/08/04(木) 22:16:49.92 _USER9
 女子児童を空き家に連れ込み、わいせつな行為を撮影したとして、石川県警小松署は4日、わいせつ目的誘拐や逮捕監禁などの疑いで、住所不定、無職、増井健太郎容疑者(28)を再逮捕した。女児にけがはなかった。

 再逮捕容疑は、2月15日午後3時ごろ、県内の路上にいた女児を近くの空き家に連れ込み、両手を粘着テープでしばり、わいせつな行為を携帯電話で撮影した疑い。

 6月20日、別の女児に対する誘拐などの容疑で逮捕、その後起訴された。その際、押収した携帯電話に2月に撮影した画像が残っていたという。
http://www.sankei.com/west/news/160804/wst1608040090-n1.html

1: 2016/07/27(水) 20:07:33.27 _USER9
 鍋用のおたまや定規で部下の男性巡査の頭をたたくパワハラをしたとして、滋賀県警の50代の男性警部補が所属長注意の処分を受けたことが27日、県警への取材で分かった。処分は11日付。

 監察官室によると、警部補は警察署に勤務。3月下旬から4月上旬、滋賀県内の飲食店で開かれた歓迎会や職場で、20代の巡査の頭をおたまや定規でそれぞれ複数回たたいた。巡査が別の上司に相談して発覚。その後、休職している。警部補は事実関係を認めている。

 県警関係者によると、警部補は巡査の頭髪についてからかっていた。

 監察官室の上内保室長は、取材に「職員のハラスメント防止に関する倫理教養を徹底する」とコメントした。

http://www.sankei.com/west/news/160727/wst1607270074-n1.html

1: 2016/07/27(水) 22:35:12.92 _USER9
27日午後4時40分ごろ、石川県宝達志水町柳瀬の国道249号交差点で、
盗難車両としてパトカーから追跡されていた職業不詳の少年(19)=同県かほく市=運転の軽ワゴン車が、タクシーと出合い頭に衝突。
タクシーに乗っていた乗客の80代女性が死亡、70代男性が重体となり、男性運転手(74)も負傷した。

少年は無免許で、県警羽咋署は、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)や道交法違反(無免許運転)の疑いで調べる。

同署によると、走行中の盗難車両を捜査車両が発見、
連絡を受けて駆けつけたパトカーがサイレンを鳴らし、赤色灯をつけて約2キロ追跡したところ、
交差点で少年の軽ワゴン車が左から来たタクシーと衝突した。

以下ソース:毎日新聞 2016年7月27日 22時21分(最終更新 7月27日 22時21分)
http://mainichi.jp/articles/20160728/k00/00m/040/107000c

1: 2016/07/25(月) 00:27:45.19 _USER9
境内に張り出されたポケモンGO使用禁止の張り紙=23日、石川県羽咋市寺家町の気多大社で
PK2016072402100136_size0[1]

 スマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」の国内配信が始まってから一夜明けた二十三日、全国的な熱狂は北陸でも顕著に現れた。街角ではスマホに視線を向けたまま行き交う「歩きスマホ」が目立つようになり、神社の中には「神聖な場所。参拝者との衝突も心配」として使用禁止を打ち出すところが出た。

 石川県羽咋市の気多大社は境内での使用は危険と判断し、禁止することを決め、張り紙をして参拝者に通知した。海外からの参拝者も多いことから英語表記も張り出した。

 三井孝秀権宮司(54)によると「能登観光に利用できないかと、自ら体験した」。だが、境内は玉砂利で滑りやすく、段差や池などのほか、入らずの森など重要な場所もあり「熱中すれば大けがにつながる」と分かった。ゲームの戦いの舞台が、国指定重要文化財の拝殿前に設定されていることもあり「神聖な場所で神様に背を向けることにもなる」と判断し、二十三日午前、配信元のサポートセンターに対し削除を求めるメールを送った。

 同県白山市の白山比め(しらやまひめ)神社は二十三日、境内でポケモンGOを使わないよう求める張り紙を授与所と神門に掲示した。担当者は「神社は静かにお参りしていただく神域」とした上で「段差もあるし、参拝者同士がぶつかる危険性もある」と指摘。安全面からも利用はふさわしくないとの見解を示した。同市鶴来日詰町の金剱宮(きんけんぐう)も同日、同様の張り紙を社務所や本殿入り口に掲げた。(小塚泉、谷口大河)

http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016072402100027.html

1: 2016/07/17(日) 13:11:52.18 _USER9
特定外来生物に指定されている水生植物「オオカワヂシャ」と外来魚「カダヤシ」の生育・生息が6月に石川県内で確認された。

いずれも繁殖力が強く、在来種の生態系に影響を及ぼす可能性があるとして県は警戒を強めており、見つけた場合に連絡するよう求めている。

オオカワヂシャは伊久留川河床(中能登町)、手取川下流河川敷(白山市、川北町)、河北潟干拓地周辺(金沢市、かほく市、津幡町、内灘町)の7市町で確認された。生息域が在来種と競合し、県が絶滅危惧種に指定する在来種の「カワヂシャ」への影響も懸念されるという。自生地周辺の土にはたくさんの種子が含まれているため、生育範囲が広がらないよう、土の移動にも注意が必要という。

カダヤシは大聖寺川下流域の農業用水路(加賀市)などで発見。もともとは名前の通り蚊の幼虫を根絶やしにするとして各地で放流された。メダカと生息域が重なり、見た目もメダカに似ているが、尾びれが丸いのが特徴。メダカの卵や稚魚を食べるため、県自然環境課は「捕獲したらメダカなどの在来魚と区別してから駆除してほしい」としている。

gif

http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160716-OYT1T50089.html

1: 2016/07/17(日) 00:36:44.06 _USER9
16日午前11時55分ごろ、石川県内灘町の内灘海岸で、遊泳中だった山梨県甲斐市中下条、
太田勉さん(34)と甲府市新田町、鶴田永遠さん(18)が行方不明になったと118番があった。
太田さんは午後3時20分ごろ、沖合で引き上げられたが、病院で死亡が確認された。
金沢海上保安部は日没とともに鶴田さんの捜索を打ち切り、17日早朝から再開する予定。

 海保などによると、現場付近は海開き前で、まだ遊泳禁止となっている。
2人は同じ建設関連会社で働くアルバイトで、一緒に働く仲間9人と海岸を訪れ、
午前11時半ごろから海に入っていた。

 金沢地方気象台によると、波の高さは1メートルほどだったとみられる。

 石川県警のヘリコプターが午後3時ごろ、沖合約50メートルで太田さんを発見。
約20分後に内灘町消防本部のダイバーが深さ約3メートルの海底から引き上げた。太田さんは溺死だった。

 太田さんらがバーベキューの予約を入れていた「海の家」を経営する男性(65)が118番した。
この海の家で働く男性(41)は「沖合約30メートルで2人がうつぶせで浮いているのが見えたが、
波があって救助できなかった」と話した。(共同)

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/news/1679648.html
1

1: 2016/07/07(木) 09:53:09.67 _USER9
石川の高級ブドウ1房110万円
ルビーロマン、過去最高

 石川県名産の高級ブドウ「ルビーロマン」の今季の初競りが7日、金沢市中央卸売市場で開かれ、
出荷された46房のうち1房がこれまでで最高額の110万円で競り落とされた。昨年は100万円だった。

 落札したのは、兵庫県尼崎市のスーパー「くらし快援隊」。バイヤーの小西幸丸さん(37)は
「大変光栄だ。石川県の農家にとって励みになればうれしい」と満足そうに話した。
尼崎市内の店に展示した後、来店者に無料で振る舞うという。

 同スーパーは今年5月にも、札幌市で開かれた「夕張メロン」の初競りで過去最高額となる
2玉300万円で落札した。

共同通信 2016/7/7 09:35
http://this.kiji.is/123583089509744647
1